課税されるものとされないもの

>

税金に関する勉強をしよう

税金が発生する種類

リサイクルショップに不用品を売って、税金が発生するかは何を売ったかによって決まります。
骨董品や絵画を売る場合は、税金が発生するかもしれないので注意してください。
知らないで税金を納めないままにしていると、罪に囚われる可能性があります。
罰金として、さらに高額な金額を収めることになってしまいます。
無駄な出費が増えるので、もし税金が発生するならきちんと収めてください。

税金を納める期間は、決まっています。
その期間を超えることでも、罰金が発生するのでよく調べましょう。
税金を滞納したというだけで、社会的な印象が悪くなります。
たくさんの人が気軽に利用しているリサイクルショップですが、売るものによっては気をつけなければいけません。

売る時に得た金額次第

骨董品や絵画を売った場合でも、税金が発生しないケースが見られます。
それは売れた金額が、関係しています。
基本的に税金が発生するのは、30万円以上で売れた時です。
それ以下だった場合は、税金は納めなくて良いので安心してください。
自宅を整理していると、骨董品などが見つかるかもしれません。
祖父母が亡くなった時に、コレクションしていた絵画の処分をどうするか考えることもあります。

捨てるのはもったいないので、リサイクルショップに持って行ってください。
きちんと、価値をわかっているスタッフに査定を任せましょう。
価値がわかっていないスタッフや、知識を持っていない人に任せても安い金額を付けられます。
実績の豊富なところが良いですね。


この記事をシェアする